アイデンティティ

体は一つ、中身は多国籍

久しぶりに先日、名前とアイデンティティーが一致しないめんどくささを実感した。私が日本人だろうが韓国人だろうがドイツ人からしてみればアジア人にしかすぎない。どこから来たの?とか、あなたの故郷はどこ?と聞かれると私は日本という。しかし相手が日本人だとそうも行かない。自分の名前を紹介し…

続きを読んでみようかな

出生地は個人情報

昨日歯医者の検診に行ったときに問診票を記入した。個人情報は名前、住所、連絡先などに加えて出生地を記入する時がたまにある。ドイツで暮らしていると出生地を聞かれることがかなりある。銀行で手続きしたり、電話で問い合わせをするときにも出生地を聞かれることがある。 しかし日本では出生地は重…

続きを読んでみようかな

嫌がらせをする方が実は被害者である

誰かの間違いを正すこと、間違った認識を正すことが成功しにくいのが当たり前の中に私たちは生きている。今や“正しいこと”の定義すら難しい。あの人にとって正しいことは、私にとって正しくないことがこの世界にはたくさんある。そういうことを私たちは少しずつ認識するようになってきた。自分が信じ…

続きを読んでみようかな