心の中に入れるもの、入れないもの

生きていると色々なものと出会うし、影響される。

私が過ごしてきた時間の中で出会ったものたちは、私の頭に記録される。

どうでも良いことたちは自然と記録が消えていくけれど

そうでもないものたちは記録が残り続ける

子供の頃に嫌だった思い出とか

傷ついた言葉とか

嫌いな人とか

もう会いたくない人とか

嫌いと好きの熱量は同じもしくは

嫌い>好き

だから嫌なことは、好きなことよりも、記録の容量が大きい

だからいつまでもそのことで心と頭がずっと占領されて

酷い時は死ぬまでずっとそのことに囚われてしまったりする。

そういう時は、心の中に入れないようにする努力をする。

それはきっと忘れる努力。

もうこれ以上、そのことを考えないようにする努力。

それはきっと許すことと似ている気がする。

英語やドイツ語で喧嘩やいざこざがあったときや

誰かを励ましたい時は、

forget it、という。

本当の許しは、その人が心の中から消えてしまうことなんだろう。